Instagramへの投稿からECサイトへの流入を促すショッピング機能は、自社商品の販売を促進する重要なツールです。

しかし、ショッピング機能を使うには審査があります。審査を通過するには、フォロワー数も関係していると言われていますが、確認すべきポイントはそれだけではありません。

今回はInstagramショッピングの審査に通らない理由や、通るための対処法を解説します。審査を受けるにあたって注意すべきポイントを押さえ、ショッピング機能を活用しましょう。

Instagramショッピングの審査にはフォロワー数も関係あり

学生, コンピューター, ラップトップ, 笑顔, 公園, 勉強, 勉強する, グループワーク, クラスメート

Instagramのショッピング機能「Shop Now(ショップナウ)」を使うには審査が必要です。審査内容・基準は明確にされていませんが、フォロワー数も少なからず影響しています。

また、アカウント作成から日が浅く、投稿・フォロワー数が少ない状態では審査に通りにくいのが実情です。Instagramのショッピング機能を使うには、アカウントをしっかり育てておくのも重要であると覚えておきましょう。

ただし、フォロワー数だけで審査されるわけではないので、審査に通らなかった場合は、そのほかにも見直すべきポイントが存在します。

Instagramショッピングの審査に通らない理由

女の子, 窓, 美しさ, 美容, 手, 夢のような, フラッシュバック, 考える, 思いやり, 反射, 繊細さ

Instagramショッピングの審査に通らない理由には、アカウントの設定や状態、登録した商品のエラーなどがあります。考えられる理由について解説するので、あてはまる点がないか確認してみましょう。

Facebookと正しく連携できていない

Instagramのショッピング機能を使うには、Facebookにてビジネス用のページを用意し、連携させる必要があります。

Facebookページの設定や連携させるページを間違えていると、正しく連携されません。連携できていないと審査に通らないので注意しましょう。

また、一時的な障害発生により、連携そのものができていなかったということもあります。時間を空けてあらためて連携したり、ログインやアプリのインストールをやり直したりして、様子を見るとよいでしょう。

Facebookページの登録商品にエラーが出ている

ショッピング機能を使うには、連携させるFacebookページに、取扱い商品を登録しておく必要があります。

登録した商品の情報が不足していたり、一括登録するためにアップロードしたデータが不適切であったりすると正しく反映されません。商品数が多く、まとめて登録した場合はとくに見落としやすいでしょう。

また、Facebookでは登録商品ごとに審査があり、不適切な商品であると判定されると、商品が表示されません。問題のない商品であっても、掲載写真の見た目や商品説明に使われている単語から、不適切と判断されるケースもあるようです。

誤って不適切と判断された場合は、個別に異議申し立てができます。Instagramと連携させる前に、エラーが出ていないかチェックしておきましょう。

Facebookページをビジネス用に設定できていない

Facebookページの作成時には「ビジネスまたはブランド」と「コミュニティまたは著名人」のいずれかを選択しますが、Instagramのショッピング機能と連携させるページは「ビジネスまたはブランド」に設定します。

連携させるページの設定を間違えていたり、誤って個人アカウントのプロフィールを選んでいたりすると、正しく連携されません。Instagramとの連携をさせる際に注意しましょう。

なお、Instagramのアカウントでも「ビジネス」と「クリエイター」が選べますが、どちらを選んでもショッピング機能を利用できます。

しかし、「ビジネス」にしておくと運用に役立つインサイトが見られたり、投稿を広告出稿できたりといったメリットがあるため、企業のマーケティング施策や販売チャネルを広げるために活用するなら、Instagramのアカウントは「ビジネス」にしておきましょう。

取扱商品が規約に反している

Instagramのショッピング機能で扱える商品は、形あるものに限定されています。また、形ある商品でもアルコールやサプリメント、医薬品、アダルト系など取り扱えないものもあります。

規約に反する商品を販売しようとしていると、当然ながら審査に通りません。ECサイトで取り扱っていても、Instagramの規約では不可となる商品もあるので注意しましょう。

参考:Facebookで販売できないのは、どのようなものですか。│Facebookヘルプ
   利用規約とポリシー│meta

ショップのドメイン認証ができていない

日本版のFacebookやInstagramでは、商品の購入・決済まで対応するサービスを提供していません。そのため、ショッピング機能を使うには、何らかのECサイトを用意してドメイン認証を受ける必要があります。

商品の登録だけしてドメイン認証を忘れていると、InstagramとFacebookを連携させても審査に通りません。商品を登録したなら、連携させる前にドメイン認証も忘れずにしておきましょう。

アカウント作成から日が浅い

Instagramのアカウント作成から日が浅い状態では、フォロワー数も投稿数も少ないでしょう。必然的に「いいね」がコンスタントにもらえる状態でなく、未熟なアカウントといえる状態です。

このような状態ではショッピング機能を使うに適さない状態と見なされるので、審査に通らない可能性が高くなります。

審査通過に必要なフォロワー数や投稿数については明確にされていませんが、まずはフォロワー50人を目標にアカウントを育てましょう

Instagramのショッピング機能は再審査可能

人々, 手, 男性, 握手, 人, お願い, 選挙, 取引, 出会い, 大人

InstagramとFacebookページを連携させると、ショッピング機能の審査が自動的に始まります。審査結果は数日~1週間程度で出ますが、それ以上待ってもショッピング機能を使えないなら、審査に通らなかったと考えられます。

もし、審査に落ちてしまっても、登録内容や設定を見直して、連携しなおせば再審査が可能です。通らなかった場合は原因となりそうなポイントを見直し、再度挑戦しましょう。

また、連携自体ができておらず、審査そのものが始まっていなかったという場合もあります。審査状況はInstagramのスマホアプリで確認できるので、状態を確認しておきましょう。

Instagramショッピングの審査に通らなかったときの対処法

チェス, ポーン, Gameplan, 女王, ゲーム, 仕事, ビジネスマン, 計画, ボード

Instagramショッピングの審査に通らなかった場合は、一つひとつの設定を見直し、問題点を解消していくのが重要です。ここからは、具体的な対処法を解説します。 

アカウントの設定を確認し、Facebookと連携させる

Instagramと連携させるFacebookページが、ビジネス用に設定されたページであるかを確認し、あらためて連携し直しましょう。

Facebookページの設定間違いのほか、そもそも連携先に指定するページを誤っている可能性もあります。

ほかにもInstagramやFacebookに障害や不具合などが発生し、連携できなくなっている場合もあります。時間を空けてのやり直しや、アプリの再起動・再インストールを試みましょう。

Facebookへの商品登録をやり直す

Facebookページの登録商品に問題があると考えられるなら、1度情報を削除し、登録し直すのも方法のひとつです。手間がかかる作業にはなりますが、一つひとつを見直せるので問題を確実に潰せます。

登録し直す際は、商品が不適切なものと判断されないよう、画像や紹介文にも気を配りましょう。登録した商品がきちんとFacebookで表示されているかを確認し、あらためて審査を受けるようにします。

ECサイトのドメイン認証をする

商品の販売・購入をするECサイトのドメイン認証ができていないと、ショッピング機能の審査に通りません。

商品登録を終えて、ドメイン認証を忘れるというケースもあるので、Instagramと連携させる前に必ず認証させておきましょう。

取扱商品が規約に反していないか見直す

普段、自社のECサイトで取り扱っている商品でも、Instagramショッピングでは規約に反する商品にあたる場合もあるでしょう。取扱商品のデータをまとめて登録する場合に見落としやすいポイントです。

取扱商品が規約違反にならないかを確認し、問題ないものだけをInstagramでの販売用に登録しましょう。

また、規約上は問題ない商品であっても、Facebookに登録した商品の画像や紹介文によって、不適切と判断されることもあります。不適切な商品はFacebookでエラー表示され、Instagramのショッピング機能の審査にも影響します。

そのような場合は、商品ごとに異議申し立てできるので、エラーをなくしてからショッピング機能の審査を受けるようにしましょう。

Instagramのアカウントを育てる

明確な基準が発表されているわけではありませんが、フォロワー数や投稿数も審査に影響するポイントです。

Instagramのアカウントを開設したばかりなら、フォロワー数50人以上・50投稿以上を最初の目標にし、フォロワーを獲得できる投稿を続けましょう。

投稿が注目を集めるよう、画像の見せ方や切り取り方、ハッシュタグの使い方を研究するとよいでしょう。多くのフォロワーを得ているアカウントを観察し、自社のアカウントに取り入れられる要素がないかも考えます。

アカウントを作り直す

審査に落ちた原因がどこにあるのか分からない場合は、Instagramのアカウントを作るところからやり直すのもひとつの方法です。

ただし、フォロワー数や投稿数の少ない、日の浅いアカウントは審査に不利な可能性があります。必ずしも最善の策とはいえないので、ある程度アカウントが育っている状態であるなら、各種設定を見直して再審査に挑戦するほうがよいでしょう。

念願のInstagramショッピングの審査に通過!その後の注意点は?

仕事, 目標, 成し遂げる, 動く, 願望, 考え, 矢印, 男, 撮影, ストラテジー, 狙う, 企業

ショッピング機能の審査に通過しても、ゴールではありません。審査に通ってようやく、ショッピング投稿によるECサイトへの流入を増やし、販売を広げるスタートライン。

購入につながる投稿を続け、さらなるフォロワー獲得を目指しましょう。また、効果的に活用するには注意点も存在します。

Webブラウザ版ではショッピング機能に対応していない

Instagramのショッピング機能は、スマホアプリ版だけの機能です。現状、ショッピング投稿は、スマホアプリからしかできません。

また、Webブラウザからは商品タグの付いた投稿が見られないので、パソコンからのアクセスやアプリを使わないユーザーには、見てもらえないことになります。

とはいえ、Instagramユーザーの多くは、スマホアプリを使っているのが現状です。スマホアプリを使う層に向けた商品販売なら、大きな影響はないでしょう。

最大5個のタグを付けられるが2、3個までのほうが見やすい

Instagramのショッピング投稿では、1回につき最大5つの商品タグが付けられます。しかし、欲張って多くのタグを付けてしまうと、画像が見づらくなるでしょう。

Instagramには投稿画像を共有して、共感し合うという一面があります。商品タグに埋め尽くされた写真では広告要素が強くなり、見栄えもよくありません。こうした投稿は共感が得にくくなり「いいね」がもらえないでしょう。

タグは2、3個までにとどめておくと、見栄えを損なわず、Instagramの特性にもマッチします。画像に付けるタグも含めた見やすさを意識して投稿しましょう。

過去の投稿にもタグ付けできる

ショッピング機能の審査通過前に投稿したものにも、商品タグは付けられます。

Instagramのフォロワーが増え、アカウントが注目されるようになれば、過去の投稿にも目を向けられるようになるでしょう。機会損失にならないよう、過去の投稿も活用し、商品の紹介につなげることをおすすめします。

ショッピング投稿ばかりしない

Instagramは交流や共感を楽しむSNSのひとつであることを忘れず、広告要素を強く出し過ぎないようにしましょう。

とくにショッピング投稿が毎回続くと、商品カタログや広告チラシのような印象を持たれます

ある程度の規模までアカウントが育っているなら、商品カタログとしてInstagramを使う方法もあるでしょう。しかし、これから認知される段階にあるならば、ショッピング投稿で埋め尽くして広告要素を強めるより、共感が得られる投稿も定期的に行いましょう。

企業の裏側や店舗の紹介といった、ビジネスの実情を身近に感じてもらえるようなエピソードを投稿し、フォロワーに関心を持たれるようにしましょう。

Instagramショッピングの審査はフォロワー数だけでなく各種設定も重要

起業家, 創造性, 革新, 想像力, 考え, 男, アフリカ系アメリカ人, 黒, プロフェッショナル, 仕事

Instagramのショッピング審査に落ちる理由は、フォロワー数のほかにも外せないポイントがあります。

ショッピング審査に落ちる理由の例
  • Facebookページの設定やInstagramとの連携
  • 取扱商品の登録情報
  • ECサイトのドメイン認証

これらの事柄が正しくできていないと、審査に通りません。審査落ちを繰り返すようなら、フォロワー数を増やす取り組みだけでなく、これらの設定に問題が起きていないか確認しましょう。