自社の商品やサービスをSNSで告知する手法は当たり前になりつつあります。

しかし、SNSの運用ノウハウがなくなかなか思うような結果が出ずに困っている担当者も多くいるのではないでしょうか。

その際に、SNS運用代行に業務委託をするのは適切な選択肢の1つと言えるでしょう。この記事では、SNS運用代行の下記の内容について解説します。

この記事でわかること
  • SNS運用代行のメリットとデメリット
  • SNS運用代行の費用相場
  • 依頼する際の注意点

この記事を読むことでSNS運用代行を業務委託して失敗するリスクを低減できるので、ぜひ最後までご覧ください。

SNS運用代行とは

インスタを含む4つのSNSアプリ

SNS運用代行とは、企業が運営しているSNSアカウントの作業のうち、全てもしくは一部の作業を外部に業務委託することを意味します。

外部の委託先としては、SNS運用専門の代理店やフリーランスなどが挙げられます。

また、Instagram専門やTwitter専門などSNS単体で強みを持っている代理店も多くいます。

SNS運用代行を業務委託するメリット

GOODの文字

SNSの運用を依頼するメリットは大きくわけて次の2つがあります。

SNS運用を依頼するメリット
  • 教育コストがかからない
  • 炎上リスクの軽減

自社に運用代行の業務委託が必要なのか、改めて確認し検討を進めていきましょう。

教育コストがかからない

自社でSNSを運用する際には運用担当者への教育コストもかかります。どのSNSでも共通して言えるのは知識や施策の陳腐化が早いことです。

そのため、このような変化のスピードが激しいSNS運用で1から社員を教育することは莫大な時間がかかるでしょう。

しかし、SNS運用代行に依頼することで、経験豊富で実績のある人材に運用してもらえます。そのため、教育コストがかかることなくSNSを運用することができます。

炎上リスクの軽減

SNSは拡散力が強いため、すぐに炎上が広まってしまうリスクがあります。そのため、SNSを運用する際には、このような炎上のリスクも常に考え、炎上していないかどうかの確認も必要になります。

しかし、SNS運用代行に委託すれば、炎上対策もしてくれ、万が一炎上が起きたとしても迅速な対応をしてくれます。

SNS運用代行を依頼するデメリット

STOPの看板

SNS運用代行にはメリットがある一方で次のようなデメリットも存在します。

SNS運用を依頼するデメリット
  • 社内にノウハウがたまらない
  • どこまで依頼するかの判断が難しい

デメリットも踏まえた上で業務委託を行うか、考えましょう。

社内にノウハウがたまらない

SNS運用代行はすぐにプロに運用してもらえる代わりに、自社にノウハウがたまらないことがデメリットとして挙げられます。

自社でSNSを運用することは結果が出るまでに時間がかかるといったデメリットがありますが、運用しながら身につけた知識や経験は会社のノウハウとしてたまります。

そのため、SNS運用代行を依頼すると、SNSを運用する限り外部に頼る状況が続いてしまうリスクがあります。

どこまで依頼するかの判断が難しい

SNSの運用業務は多岐に渡るため、どの範囲まで依頼すれば良いか判断が難しいです。また、複数のSNSを運用している場合、全てのSNS丸ごと1社に依頼するか、SNSごとに依頼するかも迷うポイントでもあります。

そのため、各会社の強みや実績、費用、依頼範囲など丁寧に比較することが重要です。

SNS運用代行の費用相場

お金が積み上がっている

SNS運用代行を依頼する場合、基本的には月額で費用を支払うことがほとんどです。ここでは、月額の費用と業務範囲の相場について解説します。

SNS運用代行の業務内容としては下記のようなものがあります。

SNS運用代行の業務内容
  • 投稿内容の作成
  • SNSの投稿代行
  • 投稿やDMのコメント確認と返信
  • レポーティング
  • SNS運用の企画作成
  • SNS広告の運用

月額10万円以下

月額10万円以下の場合、下記の作業のみの対応が一般的です。

  • 投稿内容の作成
  • SNSの投稿代行

そのため、単純作業のみを依頼し、企画や分析などSNS運用の肝となる部分は自社で行う形になります。

月額20万円〜30万円

月額20万円〜30万円の場合、下記のような業務を依頼することが一般的です。

  • 投稿内容の作成
  • SNSの投稿代行
  • 投稿やDMのコメント確認と返信
  • (簡易的な)レポーティング

そのため、自社の担当者が直接SNSを扱う頻度は少なくなります。また、月額10万円以下よりも、よりリソースを節約し、SNS運用のきもとなる企画や分析に自社の担当者がリソースを必要とします。

月額50万円以上

月額50万円以上の場合は、SNS運用の作業を丸ごと依頼する形になります。

  • 投稿内容の作成
  • SNSの投稿代行
  • 投稿やDMのコメント確認と返信
  • レポーティング
  • SNS運用の企画作成
  • SNS広告の運用

そのため、作業の部分は委託先に完全にまかせつつ、SNS運用の企画や方針の決定を委託先と共同で行うイメージとなります。

SNS運用代行を依頼する際の注意点

ビックリマーク

期待する結果を得るためにも、SNS運用代行を依頼する際には次の3つに注意することが望ましいです。

SNS運用を依頼する際の注意点
  • SNS運用実績があるかどうか
  • 業務内容と費用相場と乖離がないか
  • 広告費とキャンペーン費用を別途用意する

運用代行の依頼前にしっかりと確認を行っていきましょう。

SNS運用実績があるかどうか

委託先を選ぶ際には、まず依頼する予定のSNSの実績があるかどうかを確認しましょう。各SNSごとに特徴は違うため、運用方針は異なってきます。

そのため、依頼する予定のSNSの運用実績があるかどうかは確認する必要があります。また、自社と同じ業界で実績があるかどうかも確認すると良いでしょう。

業務内容と費用相場と乖離がないか

業務内容と費用が相場と乖離していないかも確認しましょう。費用が高すぎる場合は依頼しなければ良いですが、相場より安い場合も注意が必要です。

安い場合、投稿内容やコメント対応、レポーティングなどの品質が低い可能性があります。運用代行に依頼する以上最短で結果を出してほしいため、十分に注意しましょう。

広告費とキャンペーン費用を別途用意する

SNS運用代行の費用は、運用で発生する業務にかかることがほとんどです。そのため、広告運用も依頼する場合は、別途広告費も準備する必要があります。

そのため、どの程度の広告費がかかるかは運用代行会社と事前に認識をすり合わせる必要があります。

まとめ

SNS運用代行は自社のリソースを節約しながら最短で結果を出してもらうことが期待できるため、心強いサービスと言えます。

SNSごとに運用方法は異なるため、各SNSごとに強みを持った代理店を調べると良いでしょう。

下記の記事ではTikTokのおすすめの代理店を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

また、Instagramの運用代行は下記のページを参考にしてください。